<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [41]
  • 総括

  • 投稿者:2rich
  • 投稿日:2017年 8月 7日(月)10時34分39秒
  • 返信
 
時の運もあり、今回は見事優勝することができました。総括として、以下のことがあげられると思います。
・変転祭りは強いが妨害されやすい
変転祭りは強力ですが、このサプライではマナを補助できるカードは十分貴重なのでかなり早い段階で取られてしまいます。故に、変転祭りに入る目安は7ピックまで関連するカード(マナ補助はもちろん、コストの軽いカード)を取れると確信できるくらいがベストかもしれません。
・やはりフェアリーは強いが、それ一枚でゲームが決まるほどではない
今回の試合では毎回初手フェアリーの方がいらっしゃいました。しかし、その方々の戦績は2.1.3.2.2.3と、必ずしも好成績ではありませんでした。もちろん、起動系で走る相手に悲しみを背負わせられるので取るのは確実なのですが、その際にもう一個点数を稼ぐ手段を用意しておかないと確実に負けると思われます。
・運命ハンド>ヤン壺
拡張ありとは逆の評価ですが、割と正しいと思われます。拡張ありでは監視者やラッティなどでマナを無にされる状況が多かったり、クリスタルコストやマナ1で召喚できるカードが多いので、壺>ハンドですが、このサプライではマナを補助できるようなカードが少なく、カードもマナを2つ以上消費するカードの割合が多いです(3人戦なのでシドもタイタス君も2マナとなっております)。変転祭りの際もアムサグラグペンの消費マナを2個減らす事が出来たりして何かと都合が良いのも理由としてあげられます。
・ゲージ稼ぎは非常に重要
手札や場のカードを減らずカードが少ない都合上、ゲージ管理は死活問題となります。攻め手が少ないのであればカードを引くのは悪くありませんが、攻め手が有るのにも関わらず慢心して火力アップのためにドローを行うのはあまり賢い行動ではないと思われます。このあたりの判断は難しいですが・・・

とりあえずここまでにしておきます。ここまでこのような文を読んでいただきありがとうございました。少しでも参考になれば幸いです。