<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [36]
  • 4戦目

  • 投稿者:2rich
  • 投稿日:2017年 8月 6日(日)13時12分22秒
  • 返信
 
2番卓での戦い(全体順位4-6位)。siro君が勝ち進んでいたので多少余裕が出来た(他に3連続1位をとった人がいなかった)とはいえども、まだまだ油断はできない局面。祈りつつ手札を見るとそこについにあらわるフェアリー。やったね! 起動効果があることを確認した上で安心してピックし、そのまま変転祭りのための準備を行う。その結果、
フェアリー→王冠→力薬→火アミュ→忘れた→兜→ラグペン→忘れた→オラフ
左:聖杯での博打、兜、ケアン、ダイス、ブーツ
右:吸血での博打、錫杖→運命ハンドによるカード展開
このようになっていました。まずはオラフを出し、サイラスを対策、その後火アミュでそこそこの強さのカード(ルイスだったかな、記憶が曖昧です)を入手。左の方が最初のドローを捨てたり、右の方が吸血で命薬を引いたりしている中、力薬でまさかの2枚目のフェアリーを入手。即座に出し、2年目に入るなりフェアリーダブルで起動効果を封殺する構えに入ったのですがこれが悪手でした。確かに起動マシマシの左の方を封殺できますが、それにより自身の点が伸び悩んでしまったのです。とりあえず地道にクリスタルを得つつ、3年目8月に変転祭りで点を加速させました。左の方がブーツを打ったので、勝利が目前に見えるも、ここから右の人の猛攻が始まりました。まずはブーツで時を巻き戻し、死を回避。その後魔法アイテム特盛状態での錫杖を2回行い、さらにカード数も多いのでこちらの兜も停止することに。クリスタル点こそ上回っていたものの、場点で大敗し、2位となりました。
教訓:ダブルフェアリー<フェアリー単騎