<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [34]
  • 2戦目

  • 投稿者:2rich
  • 投稿日:2017年 8月 5日(土)15時14分51秒
  • 返信
 
v.s.siroくん。早速潰しあいじゃないか!と叫び卓へ。もう1人の方は第2回優勝者の方でした。フェアリーを念じつつ初手を見るもそこには運命ハンドと箱、あとは愉快な微妙カードたち(マナ消費系統多し)。ここは運命ハンドをとり、2ピック目を確認。鍋やラグペンなどの変転材料は多かったものの、1戦目のことを考え力薬を回収。だが3手目で話が変わることとなる。3ピック目のカード群は
「アムサグ、アムサグ、タイタス、ケアン、精ミュ、精ミュ、オニス」
となっていました。(アカン)ラグペン回収、論書回収を考えアムサグをピック。結果はこのようになりました。
運命ハンド→力薬→アムサグ→シド→鍋→精ミュ→命薬→季節の鏡→オニス
左(siroくん):フェアリー箱でクリスタルを稼ぎつつ高いカードを出す
右:クリス封印箱は用意しているが聖杯アムサグなどでメインを引きに行く
辛い。(確信)故にドローを考えつつアムサグ対策に1年目に精ミュ鍋運命ハンドを置き、2年目にシド力薬命薬、3年目に余りを配置。鍋を作り2年目に爆発を目論みつつ精ミュのためのマナを集めました。途中でフェアリーが出てくるがスルーして0点プレイで鍋を作り、次に備える。しかし1年目の11月、事故が発生。水、火、草と集め火羽変転権のダイスを取るものの、殺伐とした場に突如として大気の精霊が!(見えてない)全ては羽と化す!この時、場にはマナを4つおいた鍋と聖杯で出てきて回ってきたオニスのみが存在しており、二年目のアムサグ対策が存在していない危険な状態でした。しかし、マナが炎と羽の二色であり、次の季節は水のマナが出やすいこと、単独トップ(に見える)siro君の場には論書があり、このままでは差がついてしまうため右の方はアムサグを打たないだろうという希望的観測、ボーナスは残して変転祭りに使いたいという欲等から手番を渡してしまいます。もちろん無事アムサグを打たれ死亡しました。後は散々な結果でした。もう一度鍋を作り変転祭りに入ったのはいいのですが、頼みの綱であったアムサグ?精アミュ?ドローは運命ハンド(2枚目)。gg。結局3位でした。やはり慢心はいけません。想定しうる最悪の事態を考え動くべきでした。