teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


追加です。。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月15日(土)00時15分22秒
  静止状態の椅子が筐体前方を向かうようになるとすると、最外環状アームは人間に対して左右軸を回る。中央環状アームはその中を人間に対して上下軸を回る、最内部環状アームは人間に対して前後軸を回るとする。最内部環状アームとは人間の入るボックスですが、ドア付きのシールドをされている球体ではなく、従来通り中央が膨らんだ円盤型というか丸い薬型です。最外殻環状アームは両サイドの支持棒に釣り上げられた状態ですが、最外殻だけはこの環状アームに直行するようにもう一つの同じ大きさのアームを接合してマリのようになっています。直行する環状アームの下部分を筐体下部のローラに乗せて3点式に支えて回転させるようになっていると思います。この最外核直交環状アームの表面を目の粗い網で覆います。最内部ボックスが静止したときに基準位置から右45度に中央環状アームを回転させて内側ドアをスライド開閉させます。続いて、最外核直交アームのその部分をみかんを立てに四等分した一枚分の大きさを内側にずらして縦軸方向に回転スライドして開閉します。この間に横のつなぎ目から内部には入れないように設計します。やはり、最内ボックスは球形が良いかも。内部も画像認識か感圧床で一人を確認します。これは画面説明で足場を指示します。座席下部足場以外の感圧で。チェック後にドアロックしてからは感知しない。これで座席に乗り込みベルトを着用すると外が閉じて内側はボタンで締めます。もちろんどちらのドアにもエレベータの中央内在型引っ込み式縦バースイッチによって挟み込みを防止します。最内ボックスの直立型はおむつ型ベルトを合体し、クロス型シートベルトを合体したあとに2つを合体させる方式で完全に固定します。サドル型シートで安定させてもよい。これで、情報カメラより人間が完全に一つの脚を差し入れたら自動停止するように二重の安全策を講じます。敷地周辺は更に出入り口以外は柵も設けます。まあ、稼働する最外殻自体ではなく、最外殻の外側に円形の不動網を設けてもよいのですが、状況が把握し辛いので。。ごめんなさい。網ではなく半透明のポリカーボーネートが良かったです。。この場合は二本の支持アームの軸内部に換気口を設けて、ポリカーボーネートに指の入らない程度の小さな穴を無数に開けます。換気口から強制的に外気を送ってくださし。最内ボックスには機械裏の換気穴からファンで。これで安全対策はほぼ出来たかと。。座席シートや直立用シートは上下前後くと位置合わせが快適です。最内部ボックスの6隅にある水バラストタンクで重心バランスを取れると最適に運動できます。複数のアーチスライドと重りによるものでも。蛇足ですが。。最外殻を支持アームごと円形に床面自体を回転させると周囲に高さのある円錐状の固定ポリカーボネート壁だけでよくなる。思いですが、ボールベアリング式ならまあ動くかと。。この場合、モーターは多極ブラシレスDCモータ.DD(ダイレクトドライブ)方式を使用して効率良く回転。支持アームの場合は通常の協力樽型でもこの円盤型でも。中最内は、円盤DCDDをすり鉢状にしたモータがあると入り易いかも知れません。ヘリ、戦闘機、宇宙船(各惑星)、潜水艦、六輪装甲戦車、激しい地形のパリダカールラリー、バーチャロンも、ガンダムも、地底探検も、陸上自衛隊次期主力?戦車も--;など何でも楽しそうです。、一台欲しいです。(過去に呟いてない話)(2017/4/15)

 
 

統合失調(精神分裂)とはなんですかの活動目的です。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月14日(金)22時08分15秒
  私は本当の被害者ですが、統合失調(精神分裂)レッテル払拭行動の一貫として行っている「欲しいもの技術リスト」シリーズの追加です。過去のものはHPなどに掲載してあります。記録用。

?○ 「3軸R360NEXT」。三軸方向に回る昔のR360の復活を希望。まだあるかもしれませんが。。昔のR360は扉が無かったので危ないから扉を付けます。但し安全のために少し暗めの半透明ポリカーボーネートの扉にします。実物もそうかも知れませんが、最外軸アーチは両サイドのモータ以外に筐体側面にローラを付けて三点式で回転させます。重そうなので。このR360はソフト交換式のために外部の装飾は最小限で装飾を交換できるようにした汎用機体とします。ソフト寿命が尽きたら別のソフトに入れ替えて再利用。筐体の周囲に簡易骨部味を作って上から筐体をカメラで映します。床に引いている緑色の敷物と周囲の黄色と黒の縞縞ラインの中に人間が入ってくると画像認識で確認し、速やかに自動停止します。これで店員を付けなくても良いのではないかと考えます。勿論、筐体内部に緊急停止ボタンも設置。回転筐体の内部は座る体部の座席セットの他に、後ろの壁にサドルを取り付けて後部壁面にベルトで固定する直立姿勢ようのセットにも入れ替えられるように設計します。大きくなるけど。。これで両手両足に電子ジャイロと三軸加速度センサを埋め込んだベルトを取り付けることで「スカイダイビングゲーム」などで実際の動きで飛んでいる感じを出せます。難しいですが、全方向から風を起こす装置があっても良いでしょう。モニターは軽い役署で全面斜め左右、斜め上下の5モニターで全視界を覆います。湾曲有機ELで半球体一面モニターでも可能。HMDでも良いかも。何もなくても視界全体が落ちる映像になると人は本当に落ちている錯覚を起こすそうです。これに三軸回転が入るとどうなるでしょうか。楽しそうです。更に直立式でガンシューティングにも対応するとゲームの幅が広がります。(2017/4/14)
 

追加。。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月14日(金)19時28分2秒
  銃コンから赤外線レーザーポインタを照射し、画面に光点を作りそれを赤外線CCDで撮影してポイント座標を得る方法。これも高速CCDの最大読み取り時間単位で逐次移動経歴を記憶して追従し精度を上げる。キャリブレーション時にディスプレイの反射傾向を計算し光点を画像認識で取り込む。トリガーを押したときだけ照射してメリハリを付ける。2コンの場合は波長か1フレームごとに照射するように同期させる。CCDの最大フレームに併せた同期も可能。交互に画像を記録して取り込むという意味です。この場合は高解像度で高速なCCDを使用する。ディスプレイの場合は液晶の各隅4点に波長かIDコード羅列の赤外線ダイオードを使い、矩形の形状として対角線から中点を計算する方式が良いかも。これを液晶ディスプレイにタッチパネルと共に標準化させる。私は有機ELの走査線モードの方が良いですが。取り敢えず、現在の液晶のみで行うなら、高解像度CCDを使用して前方全て広い範囲を取り込み、画面の四隅に使用しない色(虹色に周期するでもよい)を光らせて取り込み対角線(最悪3点認識できれば計算できる)で計算してもいけそう。と言うか映像から四隅のライン(映像画面とディスプレイ筐体は分離認識できそう)が認識できると思うので普通に中点は計算できそうです。暗がりの場合は四隅を光らせる。でも念のために電子ジャイロと三軸加速度センサも入れる。すみません、思い入れが激しいので。。銃コン以外の設定が面倒な面倒くさがりなのでつい考えてしまいました。ブラウン管時代の懐古主義者です。ごめんなさい。キャリブレーションの対角線中点を基準にしてCCD内の位置と矩形の歪みから現在のポイントを割り出す方法です。これは画面の一部が掛けていても三点と残りの線分の傾きから計算できますし、CCDに大幅なマージンを取ってあれば画面を大幅に外れる前にポイントが画面外になるでしょう。これを高価なものになっても「ガンコンNEXT」のような一つで全てのゲーム機に繋げられるアダプタとともに全てのゲームで使用できる規格にして標準化して貰えるとユーザーは一台銃コンがあるととても便利になります。小型から大画面対応の高速高精度の標準的な銃コンができることを期待します。私は片手でも持てるレベルのハンドガンが好きです。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)
 

追加です。。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月14日(金)14時39分5秒
  まあ要は銃コンの後ろと前に電子ジャイロと三軸加速度センサがあり、前後のか傾きの差と前後の移動量の差から方角の変化と傾き差と前後差を引いた銃コン本体の移動量をからポイントを出すだけ。これに低解像度高速CCDの追従記録で精度を上げるだけ。バイブレーションと手ブレ補正が少し競合するので、揺れの制御データからの揺れノイズ補正が大変そう。CCD解像度を300?300にして、その4分の1角の正方形(75?75)に順序数模様を付けて交互に縦用と横用の白黒ラインを挿入する。、まず横用にこの正方形を横に並べて敷き詰める横ライン、これを75空けて画面したまで並べた横縞模様をグラフィックの上に高度データとして重畳(白模様は明るく黒模様は暗く)する。120fpdの液晶なら60fps待って次は縦縞模様を作って同じように重畳する。まあ重畳ではなく白黒じゃないと絵が複雑だと認識できないかも。。もう液晶規格に赤外線を入れるという元も子もないことにする。画面の上ライン横向き(端真ん中端)と右ライン縦向き(端真ん中端)に赤外線LEDを入れてそれぞれのIDコード(簡単なのだと6種類くらいで)を高速で繰り返させる。これとタッチパネルと一緒に標準化させる。。液晶パネル規格ならもう一枚赤外線偏向(有るか知りません)パネル層(横解像度3分の1)を作ってこれを常に走査線のように光らせて置く。。この赤外線層はRGB映像とは別なので透過開放型HMDのCCDには赤外線像だけ映すこと(別に読み取ること)もできると思うので、何か同時に別の情報やRGB映像に重畳させて利用できそう。映像と同時にスマフォタブレットのCCDにも別情報が送れるかも。赤外線偏向がRGBに影響せずに(透明のままで)できるかは不明。まあなんにしても高価。だから一層のこと有機ELにして、これを超高速で明滅反応できるようにして、走査線表示モードを付けるのが一番早いような気がします。。なんにしても極薄い有機ELが早く一般化して欲しいです。液晶盗撮防止のために。透明な有機EL自体をグラフェンで作り極薄にしその裏を更に薄い黒塗料で塗るだけです。部品は周辺に付ける壁掛け用のものが欲しいです。画面以外はフラットな白で統一します。極小のピンホールカメラを入れるのは難しいです。銃コンの後ろに小さい液晶を付けて貰えると、セルフ設定や武器選択は勿論のことスコープやレントゲンなどの要素ができます。移動は横のABCDボタンを十字配列にして十字キー設定にするやり方が操作性が良いかも。またポイントさせた位置にABCDボタンで移動とするなど。左手用には両サイドに配置する以外に銃コン下部を経由してボタン部分が逆向きに回転できる構造などもあります。横(ボタン配列部も)と下部が筒形状になりますが。なんにしても高価になりそう。。長文ですみません。ガンシューは昔から並々ならぬ思い入れがあったので。。私は現在ゲームをやっている状況にはありませんが、どうかガンシューティング文化を衰退させないで欲しいと願っています。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)

 

また追加。。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月14日(金)06時33分6秒
  私は本当の被害者ですが、統合失調(精神分裂)レッテル払拭行動の一貫として行っている「欲しいもの技術リスト」シリーズの追加です。過去のものはHPなどに掲載してあります。記録用。
○ 「液晶ディスプレイ向けガンシューティングコントっローラ」、最近はブラウン管の走査線タイプが使えないのでガンシューのコントローラが面倒(ガンコン以外に装置が必要など)なのではないかと思います。でも私は昔からガンシューティングが好きなので高精度で使い易い「ハンドガン」タイプの付属品なしのコントローラがどうなったのか気になって調べました。昔にイメージキャプチャ型というのが存在したそうです。そこで、ガンコンの先頭部分のレンズを4つ仕様したものを容易して、範囲が4つ離れた画面部分を読み取るものにします。これを一枚の高解像度で高速のCCDにて4分割の画像を同時に読み取ります。これとガンシューコントローラに内蔵された電子ジャイロで4つの傾きを計算し位置関係を実際に表示させた画面データから検索して、その中点を狙ったものとします。電子ジャイロはなくても行けそうですが、画面際のレンズ画像の少ない処理部分で効果があるでしょう。全てのレンズ画面が硬度を失うと画面外処理(リロードなど)となります。また、レーザーマウスのようにFPS以上の高速で何枚も読み取り、前後二枚を保存し常に各レンズ画像内でのズレを計算します。このデータを元にフレーム間のズレ情報と位置情報を考慮し常に移動方向などを更に補正し、画像検索においてもある程度予測して高速化します。これをガンコン内部の高速DSPを使って行うので本体価格が高いかも。。(これだと画面データをコントローラに取り込まないと駄目なので基本処理はゲーム機本体で行って最低限を送信するか、もう全てをゲーム機本体で行う)。精度の高いデジタル・ビデオ信号がコントローラに出ていると良いのですが。また、ガンシューティング本体には通常のトリガーボタン以外に、本体サイドに左手親指の位置にAボタン、右手親指の位置にBボタンを配置。ガンコンの反対側にも同じ位置に左利き用のABボタンを配置。ガンコンの撃鉄部分に十字キーを配置する。これらは設定で変えられるが、デフォルトとして(右利き想定)Aボタンはウエポン交換、Bボタンは押しながらガンの振り方で上下左右の大雑把移動。十字キーで細かな移動ができます。なので、ガンコン本体に電子ジャイロ以外に三軸加速度センサが必要。Aボタンも設定で押しながらっ右振り左振りでウエポンを環状回転で選択可能。もちろん画面設定で十字キーにすることも可能。ボタンも4つにすると「しゃがみ」や「ガード」なども行動が多彩になるのでお勧めです。これらは両手持ちを想定しています。片手持ちにも対応するには位置関係の考慮が必要になるでしょう。あと照準位置に小さなカラーLEDを配置し、何かの照準が合っているときに光らせると良いかもしれません。たとえば複雑な矩形の中の分かりにくい宝箱とか、隠し扉とか、初心者モードなら通常の人と敵などで色を変えるとか。選択武器の種類でも良いでしょう。バイブレーションはグリップ上下と重心部、先頭部分に一つと4つ協力なものを配置し、ダメージなどの状態でコンビネーション動作で多様なガンコンの震えを起こして照準を妨害します。縦横配置を混在すると良いかも。同時使用の強弱と時間軸コンビネーションで微妙な震えを作り出しイベントや体の状態を表現するのも良い。ただかなり高価になりそう。。滅多にないことだろうけど、同じ画像が重なった場合は画像処理プログラムが可能性のある場所に一番分かりにくい違いを1フレーム分の一瞬だけ施して次のフレームで補正を掛けます。かなりの高速処理が必要ですが。。こよなくガンシューを愛する私としては作って欲しいかもです。。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)追加。銃コンの後ろにあるマイクでウエポン切り替え。「徹甲弾」「ミサイル」「散弾」「麻酔弾」などと。更にスピーカー内蔵で銃コンが間近で喋る方が良い。「オーケーマスター」など。高速CCDで240fps取り込みなら100?100ピクセル一枚でもできそう。その場合は240fps追従記録で電子ジャイロと三軸加速度センサをキッチリと追跡する。人間工学的に操作行動を超えた小刻みで早い動きは手ブレ補正する。完全に補正不可能な読み取りとなった場合は、240fpsの1フレーム分の白黒の補正情報を入れる。横方向の変化と縦方向の変化が必ず法則に従って位置的に一意な100?100ピクセルの絵となるようにズレて重なる一枚絵を使う。プログラム次第だがリロードは実際にオートのスライド式の撃鉄を引く方式が良い。ダブル銃コンモードのために軽くして欲しい。銃コンのスライドボタン設定でトリガーを二段回式にトルクが掛かるようにして入力を二段(半押しのように)にする。一段目「機関銃」と二段目「ミサイル」のように。まあABCDボタンで良いが。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)訂正。液晶画面は240fpsは出ないので、最高fps分の1秒で補正画像を出すでした。赤外線レーザー方式。銃コンを中央ターゲットに真正面に構えてのキャリブレーション。HDDのボイスコイルモータを二軸にしたミラーで赤外線レーザーを高速縦横照射し走査する。上下左右に配置した赤外線受信センサでディスプレイ表面から跳ね返ってくる量が同じ場所を中央として、画面上の銃を傾けたときの反射率から割り出す。これを赤外線も読み取る高速CCDで読み取ってハイブリットとしても良い。正確に読み取れるかは不明。もちろん手ブレ補正や電子ジャイロ、三軸加速度センサを併用。立ち位置が変わると難しいので無理そう。そしてどれだけ高価になるのか。。また、CCD内部のセル読み取り速度の違いを利用すると精度が上がりそう。液晶の表示セルにも時間差が多少あれば、これらの同期をズラしたり、高速CCDの読み取り順番を変更したりすると細かな違いで位置が分かりそうな気もする。何にしてもかなり高額かと。。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)
 

統合失調(精神分裂)とはなんですか。問い掛け。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月14日(金)05時58分4秒
  私は本当の被害者ですが、統合失調(精神分裂)レッテル払拭行動の一貫として行っている「欲しいもの技術リスト」シリーズの追加です。過去のものはHPなどに掲載してあります。記録用。

○ 「液晶ディスプレイ向けガンシューティングコントっローラ」、最近はブラウン管の走査線タイプが使えないのでガンシューのコントローラが面倒(ガンコン以外に装置が必要など)なのではないかと思います。でも私は昔からガンシューティングが好きなので高精度で使い易い「ハンドガン」タイプの付属品なしのコントローラがどうなったのか気になって調べました。昔にイメージキャプチャ型というのが存在したそうです。そこで、ガンコンの先頭部分のレンズを4つ仕様したものを容易して、範囲が4つ離れた画面部分を読み取るものにします。これを一枚の高解像度で高速のCCDにて4分割の画像を同時に読み取ります。これとガンシューコントローラに内蔵された電子ジャイロで4つの傾きを計算し位置関係を実際に表示させた画面データから検索して、その中点を狙ったものとします。電子ジャイロはなくても行けそうですが、画面際のレンズ画像の少ない処理部分で効果があるでしょう。全てのレンズ画面が硬度を失うと画面外処理(リロードなど)となります。また、レーザーマウスのようにFPS以上の高速で何枚も読み取り、前後二枚を保存し常に各レンズ画像内でのズレを計算します。このデータを元にフレーム間のズレ情報と位置情報を考慮し常に移動方向などを更に補正し、画像検索においてもある程度予測して高速化します。これをガンコン内部の高速DSPを使って行うので本体価格が高いかも。。(これだと画面データをコントローラに取り込まないと駄目なので基本処理はゲーム機本体で行って最低限を送信するか、もう全てをゲーム機本体で行う)。精度の高いデジタル・ビデオ信号がコントローラに出ていると良いのですが。また、ガンシューティング本体には通常のトリガーボタン以外に、本体サイドに左手親指の位置にAボタン、右手親指の位置にBボタンを配置。ガンコンの反対側にも同じ位置に左利き用のABボタンを配置。ガンコンの撃鉄部分に十字キーを配置する。これらは設定で変えられるが、デフォルトとして(右利き想定)Aボタンはウエポン交換、Bボタンは押しながらガンの振り方で上下左右の大雑把移動。十字キーで細かな移動ができます。なので、ガンコン本体に電子ジャイロ以外に三軸加速度センサが必要。Aボタンも設定で押しながらっ右振り左振りでウエポンを環状回転で選択可能。もちろん画面設定で十字キーにすることも可能。ボタンも4つにすると「しゃがみ」や「ガード」なども行動が多彩になるのでお勧めです。これらは両手持ちを想定しています。片手持ちにも対応するには位置関係の考慮が必要になるでしょう。あと照準位置に小さなカラーLEDを配置し、何かの照準が合っているときに光らせると良いかもしれません。たとえば複雑な矩形の中の分かりにくい宝箱とか、隠し扉とか、初心者モードなら通常の人と敵などで色を変えるとか。選択武器の種類でも良いでしょう。バイブレーションはグリップ上下と重心部、先頭部分に一つと4つ協力なものを配置し、ダメージなどの状態でコンビネーション動作で多様なガンコンの震えを起こして照準を妨害します。縦横配置を混在すると良いかも。同時使用の強弱と時間軸コンビネーションで微妙な震えを作り出しイベントや体の状態を表現するのも良い。ただかなり高価になりそう。。滅多にないことだろうけど、同じ画像が重なった場合は画像処理プログラムが可能性のある場所に一番分かりにくい違いを1フレーム分の一瞬だけ施して次のフレームで補正を掛けます。かなりの高速処理が必要ですが。。こよなくガンシューを愛する私としては作って欲しいかもです。。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)追加。銃コンの後ろにあるマイクでウエポン切り替え。「徹甲弾」「ミサイル」「散弾」「麻酔弾」などと。更にスピーカー内蔵で銃コンが間近で喋る方が良い。「オーケーマスター」など。高速CCDで240fps取り込みなら100?100ピクセル一枚でもできそう。その場合は240fps追従記録で電子ジャイロと三軸加速度センサをキッチリと追跡する。人間工学的に操作行動を超えた小刻みで早い動きは手ブレ補正する。完全に補正不可能な読み取りとなった場合は、240fpsの1フレーム分の白黒の補正情報を入れる。横方向の変化と縦方向の変化が必ず法則に従って位置的に一意な100?100ピクセルの絵となるようにズレて重なる一枚絵を使う。プログラム次第だがリロードは実際にオートのスライド式の撃鉄を引く方式が良い。ダブル銃コンモードのために軽くして欲しい。銃コンのスライドボタン設定でトリガーを二段回式にトルクが掛かるようにして入力を二段(半押しのように)にする。一段目「機関銃」と二段目「ミサイル」のように。まあABCDボタンで良いが。(過去に呟いてない話)(2017/4/14)
 

オープンソースとブラックボックスとセキュリティについて。

 投稿者:広島福山平こうじ44  投稿日:2017年 4月11日(火)15時00分1秒
  日本では一宗教団体がOSといった基本ソフトの分野に入り込み工作活動をしていることがハッキリと分かっています。一部は画像で証拠を公開しています。日本マイクロソフトという日本支社に入り込んだオペレータ問題ですが、OSという基本ソフトで彼らの意向がかなりの部分で操作できる状況であることが確認されています。このことは公式スパイソフトとしてセキュリティソフトに感知されることなくPC上の情報が抜かれるばかりでなく、人間関係や閲覧サイト、メールやツイッター、LINE,フェイスブックなどの表に公開されない会話も筒抜けになるという意味を持っています。趣味趣向や予定、日記、アイデアなども全て抜き取られてしまう根本的な問題です。画面の情報がオンタイムで筒抜けだったことは証拠画像でも明らかになっています。どうか基本ソフトのカーネルの可視化である、オープンソースを真剣に考えてください。どうかこの画像文章を読んでそれぞれの頭で考えて見てください。お願いします。Windowsにおいては、2016年からパスワードフォームが入力中に何度もフォーカスが外れて画面にパスワードが表示されるか、別のプロ説が読み取るパターンで10回以上もその直後に乗っ取りが起こってパスワード入寮ができなくなっています。その他に、第三者ユーザープログラムがカーネルモード領域を審判しないとできないような事象(ハードウエア外しやエクスプローラー暴走、タスクマネージャの内容自体を改変など)が多発しています。このように現在では全く書籍などで語られているような堅牢性はないと考えられます。

追加版2,
オープンソースとセキュリティについての議論があるそうです。その中に、「オープンソースはソースコードを公開しているので誰でも中身が見える。故に攻撃側に弱点が分かり攻撃されやすい」などがあるそうですが、全くのナンセンスです。私の見解を書かせて貰います。まずこういった論法は悪用者犯罪者側のご都合主義的な誘導であって真実ではありません。
得てして批判者には具体性がなく抽象的で根拠が乏しいのが特徴です。下記に勝手に引用させて貰います。「オープンソースのプログラムが 安全になるよりどころである、ソースコードが利用できること、たくさんのユーザが セキュリティホールを見つけてそれを修正できるという事実は、人をだまして安心 させることにもなり得ます。」といった文書がありました。これについて何故、全てを公開しているのに、人を騙せることに繋がるのかの具体性がなくよく理解できません。あらゆる立場のあらゆる人達に全てを公開しているのに騙せるでしょうか。ハッキリと言ってブラックボックスの方がよほど人を騙せます。歴史が物語っていますが、ブラックボックスや特定の一部だけが専門性を持つ秘密主義などほど腐敗しやすいといった事実があります。
また、「多くの目が(オープンな)ソースに注がれることで、システムのセキュリティを危うく してしまうバグを発見できると信ずるに足る理由はありません」や「コードに含まれているバグが、攻撃手法として抜きんでているわけではありません」 とあります。全く抽象的で意味不明です。ブラックボックスのOSに対する現在のセキュリティソフトの無能さをみると分かると思いますが、現在のブラックボックスの方がセキュリティに対して何の役にも立っていません。寧ろ八百長マッチポンプ状態といっても過言ではない状況です。理由は別文書を読んでください。また後者に関して、コードに含まれるバグ以外の攻撃手段がどれくらいあるのか知りませんが、まったく具体性がありません。年間数百万も発生すると言われるウイルスですが、具体的にどういった手段が使われるのかを殆ど明かさないブラックボックスと同じで本当は存在しないのではないのですかと言いたいほどです。PCの専門家なら分かると思いますが、PCには生命ウイルスほどの他余生は考えられません。根幹的なバグを修正するとその上にある亜種ウイルスが一瞬で何千万パターンも消失することになります。脱法ドラッグと同じ原理で根幹部分の脆弱性を一切解決せずに亜種を作り放題なだけです。亜種を作っては発見対策しましたとマッチポンプと言わざるを得ないものにしているのが現在の譲許だと言えます。また、プログラミングのバグというよりは公式バックドアや公式スパイメソッドの方が強く疑われています。だから、オープンソースの方が圧倒的に透明性と健全性を確保し易いと言えるのです。もしオープンソースのLINUXなどが現在のOSほどに使いやすく普及したならば、現在のウイルス事情のように困難な状況にならなくて済むのではないでしょうか。やってみるべきです。
「オープンソースは、プログラム構築工程の管理を考慮していない。」とありますが、ブラックボックスと違ってすべてのコードが晒されます、あまり適当な作りをしていたら個人の面子にも関わり、自然と襟元が正されてより健全性が発揮されて、よりきちんとした管理になるとは思いませんか。開発者の姿勢が問われる方がより切磋琢磨が促されるのが世の常です。進歩発展の原動力になることは明らかで誰もが納得することでしょう。
適切な競争が生まれるところほど進化や進歩、健全性が生まれるのは周知のことだと思います。同じ使い易さ、同じ機能のもので言えば、より真っ当で優秀なものが自然淘汰で残されるでしょう。より自然法則に則り健全な方向へと進むと考えます。
身の回りにも多く存在していると思います。税金の使われ方、不正会計、取り調べすら可視化の流れです。神奈川の点滴殺人を見てもより内部の状況が開かれた現場であれば防げた問題です。万引きでも人が見ていないところで発生します。これが利権が関わる分野で秘密主義。閉鎖的だと腐敗し易く悪に染まりやすいといった人間の本質は今更語る必要もないほどだと思います。この国では、故意に作られた事件事故が思いの外、多発しています。性善説や行き過ぎた平和ボケは悪意が付け込まれ易いという本質を知る必要があります。OSやセキュリティソフトなどは一部の権力者側の格好のシステムで、犯罪の隠匿や言論妨害、情報操作、憲法違反のプライバシー侵害、諜報工作活動にうってつけのツールに成り得ることを理解する必要があるでしょう。

ただ、オープンソースだけで全てのセキュリティが担保されるかと言うと否と言わざるを得ません。ブラックボックスよりは遥かに不正を防止する効果があると言えます。更に、立場を違えた複数の団体組織や人々が常に興味と関心を持ち、常にオープンソースを元に多様性ある議論をして地道に問題解決に邁進する。そのスタンスが大事になってきます。セキュリティは他人事ではありません。全ての人々が興味と関心を持ち、あらゆる多様性ある情報交換をして常に考えていく。少しでも進歩するように努力し続ける姿勢が大事だと言えます。既にセキュリティに関しては、一部の人間が情報を牛耳って開発していたのでは、全幅の信頼は担保できない自体に陥っていることに気付いてください。オープンソースはあくまでも前提であって、これによって更に安全な方法論を提供できるようになるでしょう。オープンソースは新たなセキュリティの考え方に於いて、前提となる必須雨条件だと言えます。詳細は後日やるかと思います。

最後の結論として、「手間をかけないシステムは安全ではないが利益は上がる」とありますが、これについては一概には言えません。よく何十万人の個人情報漏えい事件などが起こりますが、そのときには企業の信頼性やイメージは地に落ちると言えます。下手をすると今までの利益に見合わない結果を招くこともあるでしょう。セキュリティや安全性に力を入れることと、企業ブランドに大きな傷を付けることを天秤に掛けるとすると、それは意外と大きな落とし穴となるでしょう。日本の現状としてカルトなどの勢力が国内に蔓延していることが明らかに窺い知れるようになってきています。マッチポンプで作られたセキュリティは全く効果がないといっても過言ではありません。彼らが本気で企業の足を引っ張ろうと思ったら未知の亜種を一回キリで使用するでしょう。当然として現在のパターンマッチングでは引っかかりません。これを放置して性善説に浸かっている敵対企業は一生、この手の不安に晒され続けることになります。

「ソースコードの無いシステムは、より安全であるという主張がなされてきた。」これは非常に由々しき問題で、悪用する一部権力者体制側の詭弁でしかないと言えます。この文の前提はあくまでも世界にクラッカー(悪意あるハッカー)しか存在しないという前提に立った意見です。では、開発者や管理者には絶対に悪意ある人間はいないと確実な担保が得られるのでしょうか。その性善説に立った発想なので、全く意味がありません。現在では、マッチポンプ的なバックドアや非公開メソッドなどが無いと説明できない事象が起こっています。全てのウイルスの手口方法論が紹介されていないので、それが本当に気づかないレベルで、今までのパターンに類推できない本当の脆弱性かどうかなどは証明もできない状況です。未だに同バージョン同ビルドナンバーで亜種が何千も存在することを許しているレベルです。テキストファイルで感染すると恐怖を煽るだけで、安全規格バージョンを策定するなどの努力もない状況です。本気で対策するつもりがあるのかと言えます。恐怖を煽るだけで、適切な情報公開や対策が成されているようには見えません。恐怖を煽って公式スパイソフトの導入を推進しているようにしか見えないのです。また、恰もこれはウイルスの仕業を偽って永久に恐怖政治を行う算段にしか映らないのです。よく考えてみてください。年間に何十何百万というウイルスが発生して対策していると言いますが、その情報が殆ど公開されていません。れほど大量に「根幹に関わる、開発者が驚くほどに意外な脆弱性」が発生できるほどの多様性が、現在のPCアーキテクチャの中には存在し得ないと考えています。本当は無いから全部を詳しく公開できないと勘ぐられてもしょうがないと言えるレベルです。行進に同じ轍を踏ませないといった危機管理からいっても明らかにオカシナ話です。例えて言うと、全く存在しない精神病に対して、権威ある医師がこれは○○の病気ですと存在しない病名を付けて、「この薬を飲めば治ります」と水道水の入った薬瓶を渡して効果があるかのように装う「プラシーボ効果」と何ら変わりません。今までに発見されたウイルスは何億という数になると思います。もう一度、その全てをネットに繋がない分析用PCで解析する必要性があります。殆ど同じものが多数見つかるのではないでしょうか。殆どが根幹的な脆弱性を修正すると機能しないガラクタなのではないでしょうか。この分野も恐怖政治で大きな力を発揮する種類だということを知っておく必要があります。証拠は一部アップしています。

「脆弱性に対しての警告を発したり、脆弱性について議論したりしない方が良いという主張」があったそうです。これも全くのナンセンスです。よく考えてください。犯罪に対する方法論や警告をしない。その対策を議論することもない。これが理屈上も正当性があると思いますか。脆弱性についての情報を流してしまうからという意見ですが、脆弱性が分かっているなら直ぐに対策を取るでしょう。それよりも放っといても悪用する人間はリエンジニアリングやあらゆる方法で解析して見つけ出すのですから、防衛側がその知識もなければ目も当てられないのは当たり前のことです。それよりも善意あるエンジニアの多くが参加して、既知のハッキング手口を参考にして、よりセキュリティ性を追及する議論を進めていくことの方が圧倒的に有利なことは火を見るよりも明らかではないのですか。また、故意に作られたバックドアや非公開メソッド、不正操作の可能性については全く考えられていないことの方が不自然で不可思議です。

開発側の悪意は前例があるそうです。大手「Borland」の「InterBaseサーバ」という製品では、90年台初頭に掛けて故意に「バックドア」が組み込まれるといった事件が起きています。このバックドアはあらゆるデータベースオブジェクトの操作ができ、任意のプログラムをインストールでき、root権限を取得してPCのあらゆる制御ができてしまうほどのものだったようです。この脆弱性は6年も開発側が製品に組み込まんだまま放置され、2001年にやっとバックドアとして公開されたそうです。これらのことから開発者や管理者が絶対の安全を担保するという保証は何もないということです。結局は人間が作るものなので、性善説は通用せず、それを担保するにはオープンソースが必要不可欠だと証明されたようなものです。

リエンジニアリングよりもオープンソースの方が圧倒的に間口が広がります。リエンジニアリングに至らないレベルのプログラマやSEも参加でき、発見できる可能性が圧倒的に増えます。本格的なりエンジニアリングに技能も時間も及ばない人たちの方が圧倒的に多いでしょう。オープンソースは労力縮小と時短にも多大なる効果があるからです。もちろん脆弱性だけでなく、不正の防止にも大きな貢献をします。

これまでの話で、オープンソースの必要性と効果は理解できると思います。ソースの可読性を上げる努力も必要ですし、オープンソースだけでなく、設計概要、データ構造、インターフェース情報(引数の種類と範囲)、オブジェクトの関係性(構造図)と機能説明、フローチャートなども一緒に公開されることがより望ましいと考えます。私も考えていますが、「オープンソースの走査ツール」や「アナライズ方法論」はとても有効だろうと思っています。結論としては、インフォームド・コンセント、情報開示はどの分野でも一定の組織引き締め、腐敗防止、不正防止効果を示します。まず推進してみることだろうし、その評価はいずれ利用者側にもハッキリと効果を示すだろうし、オープンソース化で責任を真っ当する自信ある開発者を多くの利用者が応援する風潮になっていくことが、本当のセキュリティ、安心、安全には必要不可欠だということです。貴方は産地が書かれていない、添加物が書いてない生魚を店頭で見つけて、それを果たして安心して買うことができるでしょうか。

参考にさせてもらったサイトによると、途中と最後のまとめで、よく納得できる結論がでていました。私のサイトの特性からあまり人のサイトを直接に紹介することは控えさせて貰いますが、上記の引用で検索して貰えればたどり着けるかと思います。最後になりますが、本文は参考にさせて貰ったサイトを批判しているものではありません。

追加。ちなみに、最近発生した、「OpenSSLの致命的な脆弱性」は恐怖政治のマッチポンプの可能性があります。私が騒ぎ出してすぐの公開です。昨今の故意の事件事故と同じで、逮捕報道の磁気なども、タイミング良く発生するものは隠し持っていたカードを時期を狙って公開するケースが多いからです。「島根女子大生殺人事件」も明らかにホトボリが覚めるのを狙っています。別文参考。
このOpenSSL事件に関しても、その詳細や今までの流れが完全に理解できるほどの情報があるでしょうか。何故ゴマンとあるいままでのウイルスの詳しい解説がないのかをよく考えてみる必要があります。
「植松容疑者の神奈川大量殺傷事件」が故意の捏造事件だということは分かっています。この狙いの一つに「強制措置入院」を正当化する国民意識誘導であることは分かっているのです。「集団ストーカ-現象」をパラノイアや措置入院させる体制側の目論見と同じです。こういった意識誘導や工作についても意識して考える必要性があります。
こういったケースが多くあるので、一部体制側権力者側の捏造工作については気を付ける必要性があります。全体の意味を理解して比較し、後はそれぞれの頭で考えて結論を出してください。一部セキュリティソフトが言論妨害を公式に行っている証拠や、OSやセキュリティソフトによる不正操作、妨害については一部証拠をアップしています。彼らはこういった話は一切しません。何故でしょうか。都合の悪いことは国民には知らせずに、マッチポンプまでして奴隷社会や監視社会の道具を必死で守ろうとしています。
最後に、世界の優秀で真っ当な専門家の多くは、オープンソースのセキュリティに対する評価を効果が期待できると言っているそうです。何故、そのことについては説明しないのでしょうか。この国に蔓延する、正義のない一部体制側権力者の情報操作、意識誘導についてはきちんと目を向けて理解し考えていく必要があると思います。これらの流れの多くは、国民を奴隷として搾取する構造を維持発展させるためだけにあります。
ちなみに、この脆弱性は本堂だとしても非常に発見が難しい暗号化の部分です。多分数学理論の方ではないかと思います。オープンソースの故意のカードと思えるタイミングの一問題が発表された途端に、ネットでは工作員が鬼の首を取ったように騒いでいます。どうみても専門家の内容ではなく、工作員レベルです。私がセキュリティやオープンソースについて騒ぎ出すと、異例のオープンソース問題。そして、工作員も騒ぎ出す。これは何を意味するのでしょうか。ちなみに、オープンソースの1例に対して、ブラックボックスの製品における脆弱性やウイルス問題は数限りなくありますが、それでもブラックボックスの製品の方がマシなのでしょうか。ブラックボックスの製品による情報漏えいの方が遥かに多く、企業の損害負担は多大なる被害になっていますが、それでもブラックボックス製品の方が安全と言えるのでしょうか。いつも一貫していますが、これが犯罪者側の論理です。

#オープンソース #セキュリティ #ウイルス #スパイ #マッチポンプ





日本では一宗教団体がOSといった基本ソフトの分野に入り込み工作活動をしていることがハッキリと分かっています。一部は画像で証拠を公開しています。日本マイクロソフトという日本支社に入り込んだオペレータ問題ですが、OSという基本ソフトで彼らの意向がかなりの部分で操作できる状況であることが確認されています。このことは公式スパイソフトとしてセキュリティソフトに感知されることなくPC上の情報が抜かれるばかりでなく、人間関係や閲覧サイト、メールやツイッター、LINE,フェイスブックなどの表に公開されない会話も筒抜けになるという意味を持っています。趣味趣向や予定、日記、アイデアなども全て抜き取られてしまう根本的な問題です。画面の情報がオンタイムで筒抜けだったことは証拠画像でも明らかになっています。どうか基本ソフトのカーネルの可視化である、オープンソースを真剣に考えてください。どうかこの画像文章を読んでそれぞれの頭で考えて見てください。お願いします。Windowsにおいては、2016年からパスワードフォームが入力中に何度もフォーカスが外れて画面にパスワードが表示されるか、別のプロ説が読み取るパターンで10回以上もその直後に乗っ取りが起こってパスワード入寮ができなくなっています。その他に、第三者ユーザープログラムがカーネルモード領域を審判しないとできないような事象(ハードウエア外しやエクスプローラー暴走、タスクマネージャの内容自体を改変など)が多発しています。このように現在では全く書籍などで語られているような堅牢性はないと考えられます。

 

どうか拡散してください。お願いします。17

 投稿者:広島福山平こうじ  投稿日:2017年 4月10日(月)16時11分27秒
  2017年時で、44歳です。訂正。


a0,現在、あらゆるブログの登録や一部ブログの更新ができない妨害をされています。これでも日本は民主主義で法治国家ですか。帝国独裁です。どうか私の投稿したものを保存してください。すべて拡散希望です。
a1、今日は物凄いレベルのPC異常があります。妨害です。今までになかったようなブラウザ異常が全てにおいて起こっています。どうか下記のことを理解してください。「OSの多様性と競争原理」
http://victim084.jugem.jp/?page=1&day=20170409
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/2017-04-09.html

a2,どうか下記のことを理解してください。お願いします。
「セキュリティに関しての一部まとめ」
http://victim084.jugem.jp/?day=20170409
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/2017-04-09.html
 

どうか拡散してください。お願いします。

 投稿者:広島福山平こうじ  投稿日:2017年 4月10日(月)16時09分41秒
  a0,現在、あらゆるブログの登録や一部ブログの更新ができない妨害をされています。これでも日本は民主主義で法治国家ですか。帝国独裁です。どうか私の投稿したものを保存してください。すべて拡散希望です。
a1、今日は物凄いレベルのPC異常があります。妨害です。今までになかったようなブラウザ異常が全てにおいて起こっています。どうか下記のことを理解してください。「OSの多様性と競争原理」
http://victim084.jugem.jp/?page=1&day=20170409
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/2017-04-09.html

a2,どうか下記のことを理解してください。お願いします。
「セキュリティに関しての一部まとめ」
http://victim084.jugem.jp/?day=20170409
http://blog.livedoor.jp/victim084/archives/2017-04-09.html
 

OSの多様性と適切な競争原理が必要です。

 投稿者:広島福山平こうじ  投稿日:2017年 4月10日(月)16時08分40秒
  創価の攻撃が酷いので、フライングします。(20170409)
無料10アップグレードを妨害されたので、Windowsは8.1(8から8.1のときも半年妨害されています)ですが、このOSも2000より遥かに不具合が多く、あらゆる妨害をOSの機能で受けました。セキュリティソフトはこの手のものには全くの防衛ができず、どのソフトも全く役に立ちませんでした。また一部のウイルスソフトも公式スパイとして動いていることを確認しています。村木厚子事件では、日本マイクロソフトに創価が入り込んでいることを確認しています。
現在、ウイルスであろうとなかろうと、リング3ユーザーモードプログラムからはできないような不具合が多数発生しています。調べるとOS関連のプロセスが殆どでした。また対策をすると次から次へと新しい不具合が発生するようになりますが、いつもOSの公式の更新が起こったあとで、すべてOSのプロセスでした。私はウイルスなどではなく、公式のスパイ機能の方が心配です。一部証拠画像はブログなどにアップしていますが、これはホンの一部です。私は、インサイドWindowsに書いてあるような堅牢性は、とてもではないですが、現在でも無いと考えています。それほどのことが発生しています。
基本的にバックアップ体制が大事なことだと言えます。私は繰り返し無限書き換えが可能で信頼性のあるMOの復活と、書き換え可能な大容量ブルーレイディスクの進化と価格低下、安定的な書き換え速度向上が望まれます。次世代ディスクもこの点を重視して欲しいです。メモリが安くなってきたので、外部ディスク・ドライブ機器に数ギガから数十ギガの古いメモリモジュールがキャッシュとして搭載できるようになると便利です。これは、USBを外してもキャッシュ部分の内容を自動で書き込みを行います。通常のキャッシュとしても書き込みが高速になります。DDR、DDR2、DDE3用のソケットモジュールも交換できると便利。
私は、どのような業種業態、種類においても3つ異常の多様性と選択肢がないと、健全な進歩もなく腐敗し易いと思っています。現在のOSは複数あるように見えますが殆ど競争できる体制には入っていません。Macが高価過ぎて一般には届いておらず、AndoroidはPCには対応していない。Linuxはユーザーフレンドリーではなく一般の認知度が低い。このような状況では健全な競争が行われずに独占状態となり、健全な進歩もなくセキュリティがおざなりになります。現在ではオペレータ問題として社員を性善説扱いしたために内部から工作が行われているような状況です。貧乏なので確認はしていませんが、MacやLinuxはまだセキュリティ上優位と聞いています。もっとユーザーの理解と行動が必要です。セキュリティに対する働きかけをするべきです。Macなどが易く使いやすくなるようにユーザーがもっと参加してください。
最近は、zorinなどのような無料OSが出来つつ、また感性されつつあるようです。こういった流れも市場を鼓舞奮闘させる効果があるのではないかと思います。こういったOSは家に2台3台となった旧式PCの再利用としては重宝されるでしょう。企業は別としても家庭用のPCには有り難いです。多くの研究が発生し、進歩することを期待します。また、別のOSにソフトウエアを変換する技術もとても大事なことだと考えます。これらを含む、ビジュアル統合開発環境、APIライブラリ群がとくに要になると考えます。
変換技術は、古いAPIセットの上下互換問題に対する解答(別OSのカーネルやシステム関数レベルでのセキュリティ問題を解決するなどの、セキュリティ問題を踏まえた上で)にも成りえます。APIセットの体系化の作り直しにも効果があるでしょう。プログラムをMacで動作するアプリに変換『WineBottler』などがあるようです。
OSが起動しなくなったときの緊急用には、「UNetbootin」などのUSBで起動できるOSを容易しておくと、テキストを書いたり、ブラウザでネットに繋いだりの基本的なものは充実しているようです。


(下記、素人的な個人的考察)専門家ではないので現在はアバウトな意見です。
Windowsの実行可能ファイルはPEフォーマットで作成されており、実行ファイルのアイコンがダブルクリックされると、その実行ファイルのPEヘッダ内容からローディング情報から適切に配置を行い実行します。つまり、他のOSへの実行ファイル変換はここから初めます。それぞれのOS用の変換用ローダを作成し、起動する実行可能ファイル(これはWindows用に作られた実行可能ファイルそのままを持ってくる)をこの独自変換ローダーに送って、ヘッダにあるエントリポイント(または関数テーブル)から実行するイメージになります。実行ローダーと実行時リンカを一番に開発します。
そのときの実行ファイルのコード部分がネイティブコードなら同じCPUならばそのまま実行され、環境サブセットなどのAPIをコールする部分だけを別のエミュレーションサブセットに飛ばすだけです。中間コードの場合はインタプリタ方式か事前のコンパイラ方式でネイティブコードに変換して実行します。
実行プログラムが再配置可能モデルでリエントラントなものでり、イベントドリブンに基づいた設計であり、配置や呼び出しインターフェースの規則を守っての配置であれば、本物と同じ正確なアドレスやタイミングを細かく気にする必要はないと思います。LDTを元に個別の論理メモリ空間に配置すれば、モジュール別の順番や配置を細かく気にすることはないということ。API呼び出しは全て独自のサブシステムに飛ぶので、論理メモリ空間の上位アドレスにあるOSカーネル共有部空間も正確にマッピングする必要はないのでは。



プログラムは全て環境サブシステムのAPIを使用する。この環境サブシステムはその下の低レベルのシステムAPIを組合せて呼び出す構造になっている。つまり、CPUとデバイスの構成が同じだとして、メモリの管理が同じであれば、環境サブシステムの名前を引数を同じにして別のOSの環境サブシステムを呼び出し、その別のOSの環境サブシステムが別OSのシステム関数に置き換えることで、適切に公開APIだけを使用した全てのプログラムをエミュレートできる。実行可能ファイルフォーマットはOS固有であり、独自のローダーを使用してそのOS用にアタッチして配置し実行させる必要がある。API関数呼び出し作業に対しても独自の変換機構が必要。
非公開関数を使用したプログラムについても、API呼び出し構造を理解した人間がリエンジニアリングで解読し準公式(そのときどきのOSバージョンで分類して切り替える)のAPIメソッドとして組み込めば可能。
割り込みと例外処理はカーネル部やシステム関数部分のみだと思うので、公開インターフェースをエミュレートすればよいのかと。
デバイスドライバのモデルについて。これも汎用性のために完全に規格化されています。全てインターフェイスの問題でしょう。コアな部分はカーネルモードで実行されており、特権命令実行から全ての物理メモリ、割り込み管理などの操作も自由(カーネルメモリエリア部分も)なので、規格外の操作をしているドライバは作り直しかと。多分、デバイスドライバはLinuxなどの他のOS用にサポートしてもらうことになるので、エミュレーターは考えなくてもよいかと。私は全てのOSのデバイスドライバが共通(共通細分化手順と中間コードなど)になることが求められることだとは思います。
また最近のプログラムは互換性のためにコンパイラが中間言語としてオブジェクトコードを出力している。これは実行時に各ハード専用のマシン語コード(ネイティブコーd)にインタプリタのように変換しながら実行される。もしくは、一度実行したものはネイティブコードに変換(コンパイル)して次からは、それぞれのマシン用のネイティブコードとして実行される。
全ての使用データは、テキストであろうと、画像、動画、音楽、PDF全てにおいて、一つまたは複数のファイル規格として統一構造として保存されている。どのマシンやOSであってもその規格を遵守し、実行することは殆ど変わらない。
このことが理解できていれば、どのマシンやOSの上で動くソフトウエアでも基本的には変換が可能であり、エミュレーションして同じように動作させることができる。インタラプトのエミュレーション方式ではスピードに影響があるので、重たいコードに関しては一度変換作業を行った方がよい。
OLE、COM、.NETフレームワーク、DLLなどに関してはもう少し配慮が必要。COMは別OS用のシステムレジストリもどきDBからのコンポーネント検索とメソッド、引数の確認と実行の方法論をエミュレートして、別OS用に変換したプログラムに提供するのではないか。
#村木厚子 #創価 #日本マイクロソフト #OS問題
 

レンタル掲示板
/11